インド滞在 1500days!! 

インドの魅力を現地リポート中

【インドから行く】イタリア・ローマの街歩き 気づけば毎日20km近く歩いていた件

 

今回はとにかく歩いた。

インドにいると1日100歩も歩かないということがざらにある私でも、ローマでは1歩外に繰り出せば、3日連続23,000歩越え。1日あたり20㎞近く歩いたことになる。

参勤交代中の武士ですか?というくらい、自分でも信じられないほど歩いていたのだ。

普段では絶対に無理なこの距離をなぜ歩けたのか。

それはやっぱりローマという街の凄さだ。理由を3つほどあげてみたい。

 

1.広すぎる美術館に豊富すぎる収蔵品

バチカン美術館から、ボルゲーゼ、カピトリーノと、どこに行っても巨大で見どころ満載だった。

f:id:rubyhiver:20181117195130j:plain
f:id:rubyhiver:20181117195144j:plain

f:id:rubyhiver:20181117195125j:plain

しっかり見ようと思うとかなりの時間がかかる。

また表示がわかりづらく、行きたいと思ったところになかなかたどり着けずに何往復かする羽目になった。ただし、同じ展示室でも通るたびに違った発見があるのが凄いところだ。

 

2.絶妙なサイズ感

コンパクトな街のあちこちに点在する教会・遺跡の数々。

微妙に少し足を延ばせば行ける距離にすべてが収まっているから、ついでにここも、あそこも、どんどん行きたくなる。

f:id:rubyhiver:20181117195152j:plain
f:id:rubyhiver:20181117195137j:plain
f:id:rubyhiver:20181117195148j:plain
f:id:rubyhiver:20181117195120j:plain

ちょっと歩けば、ミケランジェロにベルニーニにカラバッジョ。(しかも無料)

ボルジア邸でチェーザレ様に思いを馳せたかと思えば、今度は古代ローマ遺跡の数々。

なんという贅沢!!
 

 

3.これも神のお導き?偶然の出会い

ある程度事前にプランを立てていても、その途中で見つけたお店や教会等、予定外の出会いがたくさんあってなかなか先に進めない。

 

トラステヴェレ地区でたまたま入ったローマ最古と言われる教会。 日曜日ということで、荘厳なミサに立ち会うことができた。

f:id:rubyhiver:20181117192002j:plain

路地ではお祈りする神父様の姿も。落書きや車とのギャップが何とも現代らしい。

f:id:rubyhiver:20181117191959j:plain

イケメンたちが働くパン屋(左)に、インドの名店Fabindiaも!なんとなく品揃えがインドよりオシャレなのが悔しい!

f:id:rubyhiver:20181117191950j:plain
f:id:rubyhiver:20181117191955j:plain

 

 空は青いし、空気もキレイ。生えている木ですらカッコいい。

 高いところからの景色も素晴らしいし、夜景も、街の人々も、すべてが絵になるのだからたまらない。ほんとマンマミーア!

 

ただ、自動販売機でヌテッラバーを買おうとしたら、なぜかその隣のM&M'Sが出てきた時はイタリアもなかなかやってくれるなと思った。

イタリア人は良くも悪くもいい加減だなーと感じることがあり、勝手ながらイタリアはヨーロッパのインドと呼ばせていただこうと思う(笑)

f:id:rubyhiver:20181117192006j:plain

しつこくローマの話を続けてきたが、キリがないのでこの話はこれで最終回。

トレビの泉にコインも投げたし、きっとまた戻って来れると信じて。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

 


海外生活・情報ランキング

 

【インドから行く】イタリア ローマでサッカー観戦

 

世界最高峰のプレーヤーが集まるセリエA

あまりサッカーに詳しくない私でも、せっかくだし一度で良いからヨーロッパサッカーの空気感を味わってみたい!と思い今回行くことに。

地元ASローマ VS ジェノバサンプドリアの一戦。

 

チケットはオンラインでも買えるが、少し不安なのでローマに着いた翌日すぐに、コロン広場にあるローマストアに直接買いに行った。

 

ASローマといえば、熱狂的なサポーター通称ロマニスタで知られる。

我たち夫婦は、素人かつ小心者なので、極力応援が激しそうなゴール裏や、相手チームのサポーターに近い席、金額の高い席(メインスタンド側)を避け、バックスタンド前方の、逃げやすい(?)通路席を指定することにした。

 

そして、3日後の試合当日。

その日は15時キックオフだが、朝から街中ではASローマのTシャツを来た人をちらほら見かけた。

ランチで入ったモンテカルロというレストランでも、見るからにサポーターと思われる人々が多く、サッカー談議に花を咲かせているようであった。

私が宿泊していたホテルのオーナー夫人も、試合がある日は主人は働かないのよと苦笑していた。

 

市内からバスで約30分。1960年のローマオリンピックのメイン会場として建てられたというスタジオオリンピコに到着。

f:id:rubyhiver:20181117025320j:plain
f:id:rubyhiver:20181117025322j:plain

 

警備が厳重で、パスポートの確認や2度に渡る手荷物検査があった。ペットボトルは持ち込み不可。

売店で飲み物を買い、座席を目指す。

座席は汚い(笑)

外の階段と同じような感覚なのか、皆ベンチの上を土足で歩き、タバコの灰も落ちている。キレイな服では行かない方が良いと思われる。

 

試合前から選手紹介やチームの応援歌で会場は大盛り上がり!

f:id:rubyhiver:20181117025347j:plain

試合が始まると、選手のどんな動きにも一喜一憂の声が。サポーターが真剣に見ているのが伝わる。

この日はローマが大量得点。スタジオも大いに沸いた。

f:id:rubyhiver:20181117025400j:plain

点が入ると、コール&レスポンスのような感じで選手の名前を叫ぶ。

大迫力の地鳴りのような声援を聞くと、本場ヨーロッパサッカーに来ていることを実感する。

しかし、想像していたよりは意外と素朴だなという印象。

客層も割と年齢高めで(私の席の周りだけ?)家族連れや、静かに見ている人も多かった。

今回は4対1で地元ローマが圧勝ということもあり、終始穏やかムードだったと思う。

これがローマダービーとか、国際試合だったらもっと激しかったのかもしれない。

それにしても、昨年引退したにも関わらずトッティ人気は健在で、現在も一番売れているユニフォームはトッティのものだとか。

 

最後に、チケット購入時、およびスタジオ観戦時もパスポートの提示が必須だったので注意。

また試合終了後も大混雑するが、少し歩いてバスターミナルになっているマンチーニ広場まで行けば席にも座れたし、安全に帰ることができるのでお勧めだ。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

 


海外生活・情報ランキング

 

【インドから行く】イタリア ローマのグルメ編

 

以前の記事で、インドはイタリアンが美味しい!などと自慢気に断言してしまったことを私は今、究極に恥じている

 

ディーワーリーというインドの年末年始にあたる連休でローマに行ってきた我が家。

本場イタリアのご飯のおいしさといったら!!

そこで冒頭に戻るのだが、あんなことを書いてごめんなさい、私が無知でした!と読んでくれた皆さま一人一人に謝りに行きたいくらいだ。

いや、一つ言い訳をさせてもらうのなら、私はイタリアは今回が初めてというわけではない。しかし前に行ったフィレンツェベネチアに比べ、ローマは格段に美味しかった気がする。

とくに情報収集をせず、何となく人から聞いたり宿泊先の近くの店が充分よかったので参考までに載せておく。

 

まずはここ。

Pizzarium Bonci 

バチカンの北側にある有名店。行列を覚悟して行ったが、平日の夕方5時台という時間帯が良かったのか、特に並ぶこともなくすんなりと入店できた。

店員のお兄さんも優しい。好みのピザとサイズを指定して好きな分だけ買うことができる。

f:id:rubyhiver:20181116005245j:plain
f:id:rubyhiver:20181116011854j:plain

こんなピザ、今まで食べたことがない!!サクサクの薄生地に鮮やかに盛られた具の数々。

右は人気のサイドメニューsuppli (ライスコロッケ)。

バチカン美術館から徒歩5分程度。座席はないのでカウンターでさくっと食べる。

www.google.co.in

  

L'orso

このレストランの名物にもなっているアンティパスト。前菜だけで左の写真のこの量!季節限定トリュフのパスタに悶絶。

f:id:rubyhiver:20181116005338j:plain
f:id:rubyhiver:20181116005327j:plain


飾らない、昔ながらの雰囲気で地元民気分が味わえる。

ナボーナ広場そば。

www.google.co.in

  

Osteria da Fortunata

今まで食べてきたものは何だったのかと思うほどのカプレーゼやプロシュート 

f:id:rubyhiver:20181116005257j:plain
f:id:rubyhiver:20181116005302j:plain

もしからしたら観光客向け価格かも(?)しかし値段に負けないクオリティ。おばちゃんが店先でパスタを手打ちしているのも良い。

カンポデフィオーリのすぐそば。

www.google.co.in

 

Roscioli

f:id:rubyhiver:20181116005320j:plain

 有名食材店。持ち帰り用の生ハムはここで購入した。併設のレストランもおすすめ。

カンポデフィオーリそば。

www.google.co.in

 

その他紹介しきれないが、毎日食べたジェラート、 白ピザ、ユダヤ人街の名物アーティチョーク揚げに、おじいちゃんたちがやっているBarの朝食…と、なんて幸せな日々だったんだろう。

行く前は、ローマでお寿司食べようなんてのんきに考えていたが、他のものが美味しすぎてそんな暇はなかった。

 

ボーノ!!ほっぺたを指でくるくる刺すようなジェスチャー

実際イタリア人がやっているのは見たことはないのだが、あれを本気でやったら大変だ。

私の指はドリルのごとくほっぺたを貫通して反対側のほっぺたに突き刺さるのではないかと思うほど、毎日毎日何を食べてもおいしかったのだ。

あぁイタリアの食の底力、恐るべし。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

 


海外生活・情報ランキング

 

世界のどこに行っても、結局インド人を見ると安心してしまう件

 

楽しみにしていたディーワーリー休暇(インドの年末年始にあたる)がとうとう終わってしまった。

 

我が家もインド国外へと出かけていた。

帰りの飛行機に乗るため空港でゲートに向かうと

もうゲートナンバーなんか見なくても

それがデリー行きだと一目でわかる。

 

なぜならインドの人々は非常にわかりやすいから。

まず、彼らの多くは集団で行動している。

その中にはかなりの確率で

シィク教のターバンを巻いたおじさん

そしてサリーを着た恰幅の良い女性たち

が混ざっている。

そしてみな目を輝かせながら楽しそうにおしゃべりしている。

どこの国にいても、そのゲート前だけはリトルインドと化している。

 

旅の終わりはいつも寂しいが、私はその光景を見て

あぁ私にはインドが待っている。さぁ帰ってまた頑張ろう!

と思えるのだ。

 

そして、機内誌を開けばこのファニーフェイス

f:id:rubyhiver:20181115033853j:plain

やっぱりインド人には癒される。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

 


海外生活・情報ランキング

 

ディーワーリー前 今日はインドの大晦日!!

インドで最も大切な年中行事、Diwali ディーワーリー。

明日11月7日はヒンズー教の暦で新年を迎える日(日付は毎年変わる)にあたる。

これは日本人にとってのお正月のようなもので、そのため先週あたりから、街は師走の風情(?)で若干慌しさが増している。

私も宗教的には関係ないのだが、友人との会食が増えたり、買い物に出たり、何やら落ち着かない日々を過ごしている。

 

ディーワーリーは「光のお祭り」と言われるだけあって、お店や個人の家でも華やかに電飾で彩られる。まるでクリスマスのよう!

f:id:rubyhiver:20181106220232j:plain

f:id:rubyhiver:20181106220240j:plain

 

玄関先にはオイルキャンドルが灯され、床には花や色粉で模様が描かれる。

f:id:rubyhiver:20181107001405j:plain
f:id:rubyhiver:20181107001126j:plain

 

神様に捧げるお花、マリーゴールドも欠かせない。

お花を糸でつなげたものを飾りに使う。今日は道端のあちこちで作られ、そして売られていた。

f:id:rubyhiver:20181106220212j:plain


この時期はボーナスが出たり、プレゼントや金銭を贈る習慣がある。また、買い物することは縁起が良いとされており、あちこちでディーワーリー・セールが行われ、1年のうちで最も消費活動が激しい時期となる。

 

よって、どこに行っても買い物客だらけ。さらに買う量が半端ない。アメリカで見るような大きなカートに山積みで、通路もレジも大混雑。

 

私も近所の菓子店に出掛けたが、この混雑ぶり。。一昔前の日本のバレンタインデー商戦を思い出す。

f:id:rubyhiver:20181106220227j:plain

多くの会社で明日から週末にかけて連休になる。インド人の多くは、家族で集まってお祈りをしたり、食事をしたりしてゆっくり過ごすことが一般的らしく、地元に帰省する人が多いようだ。そのため、贈り物は欠かせない。頑張って買うのだ。

 

さて、今日(11/6)はいわゆる大晦日

花火が揚がる音があちこちから聞こえる。数発揚がっては止み、また思い出したように数発揚がっての繰り返し、ある意味厳か。

近年の大気汚染対策で、爆竹や花火の自粛ムードが高まっているものの、明日はどんな一日になるのだろうか。

 

せっかく住んでいるのだから、ディーワーリーを思う存分満喫!と言いたいところだが、御多分に漏れず私もインド国外へと旅に出る…(インド好きを公言しておきながらお恥ずかしい…)

 

それでは皆さま、良いお年を!

f:id:rubyhiver:20181107003345j:plain

Happy Diwali ☆

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

 


海外生活・情報ランキング

 

インド版 はたらく くるま(働く車)

私が子供の頃、ひらけ!ポンキッキという番組で「はたらく くるま」という曲があり、ダンプカーとか消防車とか郵便車とか、世の中には本当に色々な車があるんだなぁとワクワクしたものだった。

 

その歌詞の一部

いろんなくるまが あるんだな

いろんなお仕事 あるんだな

はしる はしる はたらくくるま

 

そして今、私が目にしているインドの路上はまさにこの歌詞の通り!

本当に色々な車が走っている。もちろんバスやトラックや救急車も見かけるが、中にはインドらしいものも。

 

丸太を運ぶ車。(人力だが)

f:id:rubyhiver:20181102230255j:plain

 

掃除道具を運ぶ車。

f:id:rubyhiver:20181102230318j:plain

 

大型トレーラーのヘッドなのに屋根もドアもない車。

f:id:rubyhiver:20181103021316j:plain

 

ライトに顔がついている車や

f:id:rubyhiver:20181102230259j:plain

 

ガムテープによるつぎはぎだらけ車もよく見かける。

f:id:rubyhiver:20181102230310j:plain
f:id:rubyhiver:20181102230303j:plain

 

車からふと外を見ると特大サイズのチャパティが真横にあって驚く、おいしそうなインド料理柄の車。

f:id:rubyhiver:20181103021312j:plain

 

ラクターも自家用車のように乗り回す。

f:id:rubyhiver:20181102230314j:plain

これはショッピングモールの地下駐車場。このサイズ、停める場所はあるのだろうか。

 

本当にいろいろな「はたらくくるま」が頑張っている。

しかもこれはほんの一部だ。

実際はもっと驚くようなものが走っているが、あまりに一瞬の出来事でなかなか写真に収めるのは難しい。

あからさまにカメラを向けるのも気が引けることもあり、メガネ型カメラが欲しいと思う今日この頃である。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

 


海外生活・情報ランキング

 

I LOVE♡サモサ!!

 

サモサへの愛が止まらない。

 

あぁなんておいしいのだろう。

ぽってりとした三角形の愛らしさ。

サモサを大量に並べて行進させたい♡

 f:id:rubyhiver:20181101002843j:plain

サモサはインドのスナックで、茹でてつぶしたジャガイモ等の具をスパイスで味付けし、皮で包んで揚げたもの。

手軽に食べられるさまは、日本で言うとコロッケのような位置づけだと思う。

 

揚げたてのサモサを屋台で買って立ち食い

これが私の夢。

しかし小心者の私はまだ路上の屋台で買う勇気はないので、INAマーケットに行った時のお楽しみにしている。

f:id:rubyhiver:20181031234130j:plain

マーケット内の一角で作りたてが味わえる。

 

手のひらサイズの大きなサモサがなんと15ルピー(約25円)!

f:id:rubyhiver:20181031234149j:plain
f:id:rubyhiver:20181031234151j:plain

ずっしり詰まったほくほくジャガイモと、強すぎないスパイスでとにかく本当においしい!!緑のソースはミント&コリアンダーのチャツネ。

INAマーケットに行ったら是非食べていただきたい逸品である。

 

街中の小ぎれいなカフェのサモサは、上品だけどなんだか残念。しかもちょっと高い。

f:id:rubyhiver:20181031234217j:plain

 

サモサはスナック菓子にもなっている。

f:id:rubyhiver:20181031234242j:plain
f:id:rubyhiver:20181031234241j:plain

同封されているケチャップをつけていただく。

ぽりぽりと硬くて、けっこうスパイシー。これはこれで癖になる。

 

ちなみにインドの人気アニメの主人公は、サモサを食べると元気が出る。

f:id:rubyhiver:20181101000034j:plain

気持ちわかるわぁ

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

 


海外生活・情報ランキング