インド滞在 1500days!! 

インドの魅力を現地リポート中

日曜のジャマー・マスジット

先月、日本から友人がインド旅行にやってきた。

約1週間で北インドの主要都市を周るという彼ら、旅の始まりであるデリー観光に私もお供することに。

 

日曜のデリーは平日に比べ道路が空いている。

このときは空気もまだ良くて、グルガオンからデリーまで快適ドライブ。

緑あふれる大使館通りやインド門を抜け、オールドデリーに向かう。

 

目指すはインド最大規模のモスク ジャマー・マスジット。近づくにつれ、道路はインドを絵にかいたような大混雑に変わる。

 

これ以上車で近づくことができない所まで行き、あとは徒歩で参道を行く。

この日はサンデーマーケットのため、服や食べ物の露店が並び、その中を人やリキシャやバイクがぎゅうぎゅうに行き交う。

スリに注意しつつ、はぐれないように皆必死でモスクを目指す。

ようやくたどり着いて振り返ると、眼下に広がる人の群れに、こんなところを歩いてきたのかー!と感動する。

f:id:rubyhiver:20191107031220j:plain

友人らも、インドすごい!インドすごい!と大興奮の様子だ。

 

さて、いよいよ門の中へ。

ここは入場料無料。

靴を脱いだら預けず、手に持って行こう。

 

f:id:rubyhiver:20191107031239j:plain

と、思ったら係員風の男に呼び止められる。

チケット代300ルピーを払えというのだ。

 

先に入った友人は特に何も言われていない。他のインド人たちもどんどん中に入っていく。

 

いやいや、他の人はみんな入ってるし、ここ入場料不要だし!と無視して入ろうとするが、男も絶対に通そうとしない。

 

インド人は良いが、観光客は払うんだ!

カメラ持ち込み料として、もちろんスマホもだ。

 

納得がいかないので、しばらく揉めていると

お前が持ってるガイドブックにも書いてあるから読んでみろ。と指摘される。

 

ぐ… 悔しい。

小脇に挟んでいた地球の歩き方が今更ながら悔やまれる。

 

※カメラ持ち込みチケットはカウンターではなく、入口付近でスタッフ証をぶら下げた人が売っている。入場料といってむりやり売りつけることが多いので注意

地球の歩き方」より

 

お前みたいなやつがいるから注意しろって書いてあんだよ!

 

と言ってやりたかったが、弱い私はそんなことを言えるわけもなく、仕方なく300ルピー払った。

友人がにやにやしながらその様子を見ている。在住者の面目丸つぶれである。

300ルピーはお賽銭だ、と自分を励ます。

 

でも地球の歩き方には、もうひとこと書いて欲しかった…

本書を小脇に挟んで入らないようにしよう、と。

 

しかし、あとから振り返ってみるとこれはこれで良い思い出。

こういうのも含めてインドって面白い。

友人はその後1週間旅を続け、インドが大好きになって帰っていったようだ。

 

ーーーーーーー

最後までお読みいただきありがとうございます。

読者になっていただけると大変ありがたいですm(_ _)m

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

 


海外生活・情報ランキング

 

さよならカレーリーフ

お題「今日の出来事」

 

今日、悲しいお別れがあった。

この春から我が家で育ててきたカレーリーフの鉢植えを処分したのだ。

 

f:id:rubyhiver:20191105021508j:plain

心の師匠から譲り受けたカレーリーフの鉢植え。

45度を超す灼熱地獄の夏も無事乗り越え、オリーブのようなかわいらしい実も付けた。

 

たまにカレーを作る程度では使いきれないほどの葉っぱがつき、時々間引いたり、知り合いのインド人におすそ分けしたりもした。

しかしモンスーン(雨季)の7月あたりからなんとなく異変が。

白い斑点が所々に見える。嫌な予感はしつつも、その辺を取り除いて様子を見ていたのだが、遂に株全体に行き渡ってしまったようだ。

f:id:rubyhiver:20191105021512j:plain

ネットで調べると、どうやらこれはうどんこ病。このまま白い斑点に覆われて上手く成長できずに枯れてしまうという。

あぁ申し訳ないことをした。

でもうどんこ病の原因がカビとなると、ただでさえ恐ろしいほどの汚染物質が浮遊するグルガオンの空気に加え、カビ胞子まで飛ばれると苦しすぎる…

 

ということで、わかっておくれ、リーフたち。

短い間だったけどありがとね(涙)

 

ちなみにこの話を知り合いのインド人マダムにしたところ、

「うちはもう毎日のようにカレーリーフ使うから病気になる暇もないわよ。あまりにスカスカでかわいそうなのに、それでもメイドが葉っぱを使おうとするから、もうやめてあげてーっ!て言ってるの。」

磯野波平の毛髪のように儚く揺れる数枚のリーフが想像できる…。それで光合成ができるのか心配だ。

 

カレーリーフ。 家庭よって様々なドラマがある。

 

ーーーーーーー

最後までお読みいただきありがとうございます。

読者になっていただけると大変ありがたいですm(_ _)m

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

 


海外生活・情報ランキング

 

Diwaliのお菓子にはこれを

インドで最も大切な行事、Diwaliディーワーリーがいよいよ迫ってきた。

毎年日付が異なるため、今年は10月27日(日)がその日にあたる。

ヒンズー歴における年末年始にあたり、この時期は街全体がライトアップされ、日本の年末年始と同じように師走の慌しさになる。そわそわとワクワクが入り混じったような雰囲気に、私でも心が躍る。

中でも買い物熱がすごい。この時期に買い物することは縁起が良いとされており、贈り物をする習慣もあるため、皆こぞって買い物に行く。道路もお店も大混雑だ。

私も日頃お世話になっているドライバーとサーバントにお菓子を買いに行くことにした。

訪れたのはBikanervalaビカネルバラ

f:id:rubyhiver:20191026010117j:plain

袋の写真ですみません…

インド在住者の方は赤と黄色の縞々の看板でおなじみかもしれない。

ラジャスターン発祥のお菓子やさんで、創業70年近い老舗だ。お菓子屋さんでありながら食事も提供していて、日本の不二家レストランといったところだろうか。子供からお年寄りまで人気がある。

ちなみに競合他社としてHardiramハルディラムがあるが、どちらの方が人気なのか、ふと気になってネットで調べると、どうやらこのビカネルバラの方が上のようだ。

 

それはさておき、今回ドライバーに何を買ったらいいか、お店の人におススメを聞いてみたところ、こちらのSoan Papdi というお菓子が1番だという。

f:id:rubyhiver:20191026010131j:plain
ひよこ豆の粉やギーを使った綿菓子を硬くしたようなお菓子で、さくほろの食感が面白い。かなり甘いがカルダモンが効いていてエキゾチックな香り。

前に日本の友人にお土産として買っていったら、なかなか好評だったお菓子だ。

 

ということで、ドライバーにはこちらの箱を購入。

去年は張り切って大きい箱を買いすぎて、インド人でもさすがに持って帰るのが大変そうだったのでこのぐらいが良いだろう。

 

サーバントにはこの半分くらいのサイズの箱を購入。

ただこのお菓子だけというのもなんだか物足りない気もしたので、主人の箪笥にあった新品の靴下もこっそり忍ばせた。ディワリギフトに靴下って、大丈夫だったのかな?そして主人は…まぁこの靴下があることすら忘れてそうだしいっか。

 

ーーーーーーー

最後までお読みいただきありがとうございます。

読者になっていただけると大変ありがたいですm(_ _)m

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

 


海外生活・情報ランキング

 

インドのユニクロ 行ってみた

 

今月、ついにインドでもユニクロがオープンした。

別に差し迫って買いたいものがあるわけではないのだが、何だろうこの安心感。

簡単に行ける場所にユニクロがあるのとないのとでは、心の余裕が大きく違う気がするから不思議だ。

 

デリーのモールに行くとユニクロの紙袋を持った人がたくさん。

そして見えてきた、お馴染みのあのロゴ。

f:id:rubyhiver:20191017014814j:plain

 

広く明るい店内は日本と同じレイアウト。3フロアもある。

f:id:rubyhiver:20191017014851j:plain

 

 そして期待していたクルタコレクション

f:id:rubyhiver:20191017014946j:plain

インド人デザイナーRina Singhとコラボしたインド進出の目玉となるコレクション。

インドの伝統服であるクルタをモチーフに、よりシンプルで着やすいデザインが魅力。

ここのクルタにはスリットがない。

そう、私もインド服で気になることの一つがスリットだった。

インドでは、クルタはパンツと合わせるので動きやすいようにスリットが入っているのが普通だ。しかし私はワンピースとして一枚で着たい。スリットさえなければ…と常々思っていたのだ。

こういう細かいニーズに応えてくれているところがさすがだなと思う。生地も縫製もしっかりしており、こだわりを感じる。

 

でも、気づいてしまった。

クルタコレクションなのに、日本でも普通に買えることを。しかも日本で買った方が安いことを…。

確かに噂に聞いていた通り、インドのユニクロは若干高い。約1.5倍。

でもクルタコレクションだけは、インド限定発売とか、インドの方が安いとかそういう特別感があることを期待していたのだが、残念ながらそうではないらしい…

 

それはさておき、ユニクロってこんなにおしゃれだっただろうか。

久々に見ると、なんだかスタイリッシュ感がすごい。

 

極めつけはこのフリーマガジン。

f:id:rubyhiver:20191017014915j:plain

元ポパイの編集長が作ったというこんな立派な雑誌、無料で配っちゃって良いんですか?!中身の充実度が半端ない。

 

改めて日本が誇るユニクロの凄さを思い知った。

いやぁ、おしゃれすぎて、逆にインドで着れないな(笑)

 

そしてダウンやコート、セーターを見てもいまいちピンとこない。

おしゃれは先取りと言われても、外はまだ30℃超えだもの。

12月下旬に肌寒くなってきたら、またゆっくり来てみようと思った。

他の2店舗の出店も楽しみだ。

 

ここでもジャンタルマンタル発見♡

f:id:rubyhiver:20191017014929j:plain

 

ユニクロ 

Ambience Mall Vasant Kunj

無休 11:00~22:00

www.uniqlo.com

ーーーーーーー

最後までお読みいただきありがとうございます。

読者になっていただけると大変ありがたいですm(_ _)m

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

 


海外生活・情報ランキング

 

映画「天気の子」インドで公開中 

お題「最近見た映画」

 

10月11日からインドでも劇場公開されている「天気の子」を見てきた。

tenkinoko.com

意外にも日本のオリジナルアニメ映画がインドで正式に劇場公開されるのはこれが初めてなんだそう。

ここインドでも、アニメーション映画の人気は高まってきているのだが、正式に劇場公開されることは少なく、仕方なく違法サイトを利用するケースが多かったという。

しかし今年に入り、インドの若者たちによって「天気の子」の劇場公開を求める署名活動がスタート。

海賊版ではなく正規の映画を!という主張に多くの人が賛同し、8月には5万人以上の署名を集め、今回正式上映が決まったという。

9月27日行われたインドプレミアでは大変な盛り上がりだったようで、新海監督も大感激のご様子

www.cinematoday.jp

 

実際私が観た時も、座席数は100席程度とそれほど多くないものの、ほぼ満席だった。しかも日本人は2割程で圧倒的にインド人のお客さんが多い。

若者中心だが、ご家族連れもちらほら。

笑いの場面では同じように笑うし、映画が終わると拍手が沸き起こり、何とも温かい雰囲気だった。

インドのアニメファンたちの努力によって「天気の子」が上映されたことは、今後のインドにおけるアニメーション映画の普及にも大きく貢献したに違いない。

 

さて映画の感想だが、素直に観て良かった。

内容については言えないけれど、とにかく絵を見ているだけで、あぁ日本だ、東京だ!!と感動できる。

あまりに商品が具体的に描かれすぎていて過ぎていて、CMを見ているみたいだというクチコミも見たが、海外に住む者にとっては、あーっからあげくんだー!チキンラーメンだー!漫画喫茶マンボーだー!といちいち嬉しい。

そしてやっぱり日本って美しいなぁ。光の感じとか青い空とか、ほんときれいだなぁ、PM2.5とか少なそうだなぁ、としみじみ浸れる。

なので、インドにお住まいに方にはとくにお勧めしたい。

 

最後に、タイトルについて。

天気の子というからには英語名もThe child of weatherとか超単純に考えていたら、なんとWeathering with youだった。

どうやらweatherには困難を乗り越えるという意味もあるらしく、映画の内容にもぴったりはまる。

さすが監督!洒落た名前つけますねぇ と思った。 

ーーーーーーー

最後までお読みいただきありがとうございます。

読者になっていただけると大変ありがたいですm(_ _)m

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

 


海外生活・情報ランキング

 

サロジニナガルマーケットで掘り出し物探し

 

デリーには様々なマーケットがあり、生地に強いマーケットや、宝飾品&革ものに強いマーケット、おしゃれブランドがひしめくマーケットなど、どれも個性的。

その中で、今回は衣類系に強いというこちらをご紹介したい。

Sarojini Nagar Market  サロジニナガルマーケット

f:id:rubyhiver:20191011011336j:plain

 

初めに言っておくと、このマーケット、あまりお勧めとは言えない

じゃあ書くなよと言われそうだが、非常にローカル色が強めで、ある意味インドらしい場所だと思ったのでぜひ書かせていただきたい。

 

まず何が良くないかと言うと、バッタもんが多い。

有名ブランドの横流れ品が売られたりしているらしいが、私のような素人にはどれも偽物に見えてくる。

f:id:rubyhiver:20191011010930j:plain


そして、歩き売りの人が次から次へとついてくる。

最初のうちは日本人の名に恥じぬよう、穏やかにNo Thank youを繰り返すのだが、あまりにしつこいので

要らねっつってんだろが(怒)をいう気持ちを全面に顔に出して

ナヒーン チャイエ(ヒンズー語で「要らない」の意味)

とすごむことになる。これが結構疲れる。

 

良い点は、衣料品はもちろん、カーテンやクッションカバー、雑貨に調理器具まで何でもそろうこと。

そして安い。

ナイキやリーボックのスエットだって数百ルピーから。

f:id:rubyhiver:20191011010339j:plain
本物には見えないけど…

宝探しが好きな人や目利きの方にはぜひ掘り出していただきたい。

 

アクセサリー系が狙い目。バングルやサリーに合いそうなド派手なピアスも30ルピーから。

f:id:rubyhiver:20191011011050j:plain
f:id:rubyhiver:20191011012530j:plain

とにかく広いので、さーっと見て、時々気になった店に立ち寄るだけでも2時間近くかかった。

週末は大変な混雑になるため、平日がおすすめ。

 

休憩はぜひここで。

f:id:rubyhiver:20191011011137j:plain

壁の網目が目印、DLF South Square Mall

安心のチェーン店、マックやバーガーキング、ハルディラム(北インド料理)にサガールラトナ(南インド料理)も入っている。

トイレもここで済ませるべし。

トイレットペーパーはないし、流すときの水の色に恐怖を感じるものの、恐らくこの界隈では一番きれいなトイレだと思われる。

 

先輩マダム曰く、ここも昔はもっとインドらしいものがたくさん売っていたんだけど、欧米系の服が多くなってつまらなくなったということだ。

たしかに、わざわざここに来てまで買いたいと思うものはなかった。

ただ、庶民的なマーケットを体験するにはなかなか面白い場所だった。

 

 Sarojini Nagar Market  サロジニナガルマーケット

 入場無料

月曜休み 11:00~20:00

ーーーーーーー

最後までお読みいただきありがとうございます。

読者になっていただけると大変ありがたいですm(_ _)m

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

 


海外生活・情報ランキング

 

ダシャラーDussehraが不完全燃焼な件

朝晩の気温も下がりだいぶ過ごしやすくなってきたこの時期、皆が楽しみにしているお祭といえばダシャラー

今年は10月8日(火)にその日を迎えたのだが、このお祭のハイライトは何と言っても巨大な人形を燃やすところ。

昨年の様子をぜひ↓

rubyhiver.hateblo.jp

 

今年も私の住んでいるマンションでは例年通りイベントが開かれるのというので、とても楽しみにしていた。

 

がしかし、去年と同じ場所に行ってみても人形が見当たらない。

中庭では特設ステージでイベントが行われ、盛り上がっている音が聞こえる。

もしかして中庭で人形を燃やすのかもと淡い期待を胸に中庭に移動するも、やっぱり人形がみつからない。

たまたま会った知り合いに聞いてみると、どうやら今年はエコフレンドリーのため火は使わないということだった。

 

環境保護。 確かに冬の大気汚染を少しでも減らせるなら仕方ない。

 

しかし、なんというか私の心は不完全燃焼…

あの燃え盛る炎は私にとって大晦日のかがり火のような存在で、何となく1年であった嫌な思い出は焼き捨て、また1年を頑張ろうという気にさせてくれるものだった。

たった2年目の私ですらそう思うのだから、多くのインド人もそう思っているのではないだろうか。

 

ちなみにデリーでは今年もモディ首相がイベントに参加し、盛大に人形を燃やしていた。YouTubeでその様子を見て、まだ普通に行われていたことに安心する。

しかしこうしてお祭も時代や状況と共に形を変えていかねばならないのだなぁとちょっとしんみりした1日だった。

ーーーーーーー

最後までお読みいただきありがとうございます。

読者になっていただけると大変ありがたいですm(_ _)m

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

 


海外生活・情報ランキング