インド滞在 1500days!! 

インドの魅力を現地リポート中

インド人は雨が大好き

 

北インドもようやく雨季らしい天候になってきた。

こちらの夏は大きく分けて2つある。

1つめは、4~5月の酷暑期。連日40度を超し、50度近くまで行くこともある。雨は降らず、乾燥した暑さ。

2つめは、6月~9月の雨季。気温は30℃程度まで下がるが、短時間に激しい雨が降り、蒸し暑い日が続く。

現在はそんな、雨季真っ只中。

であるにも関わらず、今年はなかなか雨が降らず、皆心配していた。 

そして先週金曜にようやくまとまった雨が降ったのだが、その時のインド人の喜びようといったら、やはりただ事ではなかった。

 

その日、私は以前の記事で書いたお世話になっているインド人の年配女性のところに出向いたところだった。

まず、彼女のマンションの入口では、管理スタッフのインド人男性二人が雨をバックにセルフィーを撮りまくっていた。おじさん2人でとても楽しそうだった。

 

そしてインド人女性の部屋につくと、彼女もまた興奮した様子で、あなたが来るまでベランダでずっと雨を見ていたの!という。

その家の若いメイドさんにいたっては、歌い踊りながら、雨だ雨だとノリノリで部屋に入ってきた。

あなたも雨嬉しいわよね?と言われたが、申し訳ないことに私はそれほどテンションが上がらない…

しかし、2人のあまりの喜びようになんだか凄いことのように感じられ、帰り道、近所を探検してみることにした。 

 

いつもの道が水浸し。

f:id:rubyhiver:20180717020243p:plain

f:id:rubyhiver:20180717020255p:plain

自転車に乗っている人が被っているのはシャワーキャップ!

 

f:id:rubyhiver:20180717020305p:plain

 

その足でスーパーに行ってみたが、客が全くいない。

そのせいか、普段やる気のかけらもないスーパーの店員たちが、買い物かごをもってきてくれたり、何かお手伝いすることはありませんかと声をかけてくれたりして、思いがけず雨の日サービスを受けることができた。

 

ちなみに道路はあちこち冠水で大渋滞。主人も普段の倍以上の時間をかけて帰ってきた。

 

大通りの様子はというと、大雨の中、バイカーたちは路肩にバイクを止め、街路樹の下や高架下で雨宿りしていた。

高架下にみっしりと並んだ沢山のインド人たちの迫力といったら、三十三間堂のお堂を思い出すほど…

f:id:rubyhiver:20180717020258p:plain

 

こんなに大変なのに、皆心なしか楽しそうにしていたのが印象的だ。

わざわざ雨を見るために、雨の降る地域に旅行に出かけたりするそうだし、インド人の雨好きは止まらない。

ちなみに傘はささずに、濡れるのがカッコいいそうだ。

 

 

 

酷暑期の様子はこちらをどうぞ

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 


海外生活・情報ランキング

 

スーパーでお香を買ったら失敗した件

 

最近どうも家の匂いが気になる。隙間だらけのはずなのに…

外は空気が悪いし、網戸がないので窓を頻繁に開けることは出来ない。

換気扇を回すが、家全体の空気の流れまでは変えられていない気がする。

そこで思い立ったのがお香

 

そうだ!お香といえばインド

日本でもHEMが有名で、中でもチャンダンは誰でも一度は嗅いだことがあるのではないだろうか。

f:id:rubyhiver:20180714013027j:plain

 

私も以前これにハマっていたことがあった。

しかしモテない女子の部屋の特徴として、古着屋のようお香の匂いがする部屋、というのを雑誌で目にして焦ってやめた…

 

でもここは、お香の本場インド

きっと大人の女性にも合うような素敵な香が見つかるはず。

 

実際、お香はどこでも手に入る。

ただ、インドでは宗教用に用いられることがほとんど。日々のお祈りの際、お供え物としてお花や食べ物、お香が捧げられる。

よって、ルームフレグランス目的でお香を焚いている家は少なく、ショッピングモールにでも出かけて、ちょっとイケてるセレクトショップみたいなところに行かないと、おしゃれなお香を手に入れるのは難しい。

 

そこまで出かける気力はない。

しかし思い立ったら今すぐ欲しい!

ということで近所のスーパーに行ってみた。 

この際宗教用でも、いい香りが手に入れば願ったり叶ったり。新しい香りを発見できるチャンスかもしれない。

もう古着屋の匂いなんて言わせない!素敵な香りを取り入れたおしゃれ生活ができることを夢見て売り場に向かう。

 

いろいろな種類があった。

f:id:rubyhiver:20180714013144p:plain
f:id:rubyhiver:20180714013719p:plain

あまりにガチな感じのは遠慮したい。

匂いで決めたいが、箱の外からではよくわからず、なんとなく聞いたことのあるサンダルウッドと、鹿のパッケージがかわいいカスツーリの2種を購入した。

 

帰ってきて早速試す。

まずはサンダルウッドから。

f:id:rubyhiver:20180714013120p:plain

HEMのチャンダンと同じ香りだった…

調べると、これはサンスクリットでチャンダナと呼ばれる白檀の香りとある。

どうりでね…もちろん安定の香りだが、まだ古着屋を抜け切れてない。

 

気を取り直して、もう一つのカスツーリを試す。

f:id:rubyhiver:20180714013146p:plain

THE お仏壇 

という香り…

こちらは麝香(ジャコウ)といって、雄のジャコウジカの腹部にある香嚢(ジャコウ腺)から得られる分泌物を乾燥した香料だった。

パッケージの写真はイメージではなく、本気で鹿の香りだったとは…。

 

結局、古着屋の匂いを通り越してお寺の匂いになってしまった。

この匂いのせいであまり食欲が湧かないので、ダイエットには良いかもしれない…

 

やはり、宗教用はあくまで宗教用だった。

次は高くてもちゃんとしたルームフレグランス用のお香を買おうと心に決めた。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 


海外生活・情報ランキング

 

インドの新聞を見てみたら、やっぱりカオスだった件

 

インドでは中間所得層の増加に伴い、新聞の発行部数が伸びているという。

英字新聞はもちろん、ヒンズー語やタミル語など地域の言語で発行されているのもあり、何十種類という新聞が存在している。

f:id:rubyhiver:20180712184957p:plain

 

意外なことにと言っては失礼だが、インドはジャーナリストの質が高いと言われている。長く続いたイギリス植民地支配との戦いを通して培われたのだという。

 

私も時々新聞を入手する機会があるのだが、政治からゴシップネタまであらゆる内容が網羅されておりその充実ぶりが伺える。

今回は、英字新聞としての発行数が世界最多を誇るThe Times of India を見てみる。

 

国際欄には、日本を襲った豪雨のことも連日のように出ている。

↓7月8日の記事

 f:id:rubyhiver:20180712185029p:plain

↓7月11日の記事

 f:id:rubyhiver:20180712185050p:plain

 写真と数字をメインに、端的に情報が伝えられている。

 

また、興味深いのがお見合い広告

インドではお見合い結婚が主流なため、日曜版では毎週2、3ページにも渡って、花嫁・花婿募集の広告で溢れている。

f:id:rubyhiver:20180712185233p:plain

 

所属するコミュニティーが細かく分類されているため、カーストや、職業、宗教、言葉、国籍、再婚などで項目が分かれている。

さらには、生年月日や身長、学歴、経済状況までも明記。

 

相手への要望も強気でストレートだ。

 

f:id:rubyhiver:20180712185236p:plain

当方、ハンサム。色白で美しくて教養のある働く女性募集。

とか、

 

f:id:rubyhiver:20180712185242p:plain

 ドイツ在住、髭なし・イケメンのシーク教徒が、教養があり見た見が美しい女性を探してます。

とか、

 

f:id:rubyhiver:20180712185243p:plain

エリート花婿募集! 

両親が医者の場合はやはり医者の婿を取りたいようで…

 

ただ、最近ではカースト不問だったり、花嫁側が多額の持参金や家財道具を贈る習慣「ダウリー」不要といったものもちらほら見かける。

 f:id:rubyhiver:20180712185235p:plain

 

インド人にとって結婚は、個人の問題ではなく、一族と一族の結びつきとなるため、相手選びにはかなり慎重で、必死の様子。 

恐らく年頃の子を持つ親たちは、目を皿にして毎週この広告に見入っていることだろう。

 

それから新聞を見ていて衝撃だったのが、警察による身元不明の遺体捜索

生々しい遺体の写真と共に、発見された場所や日時、身体的特徴と着用していた衣服の説明等が記載された広告がいくつか掲載されている。

遺体は損傷が激しいものも多く、あまりに恐ろしすぎて私は直視できない。

 

しかしそんな記事のすぐ横には、美味しい食事お届けします!というレストランのデリバリー広告が…。

食欲湧くかい!!

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 


海外生活・情報ランキング

 

インドあるある、突如現れる壁のシミ

 

ふと気づいたら天井に大きなシミが広がっていた。

f:id:rubyhiver:20180712040025p:plain

 

よく見ると謎のボコボコまで…

f:id:rubyhiver:20180712040042p:plain

 

硬いはずの壁が、間欠泉のようだ…

f:id:rubyhiver:20180712041919j:plain

 

ここはキッチンだから上の階のキッチンで何かが起こっているのだろうか。

 

インドは新築よりも中古のマンションの方が人気がある。

新築で住み始めても次々からへと欠陥が見つかり、一通り直し終わった3年目ぐらいから住みやすくなるというの理由らしいが…

たしかうちは6年目ぐらい。今度は経年劣化が始まったのだろうか。

まあよく聞く話だし、とりあえず様子見だな。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 


海外生活・情報ランキング

 

メッシ似のドライバーとの思ひ出

 

ワールドカップで盛り上がる毎日、私もにわかサッカーファンとして毎試合楽しみにしている。とくに南米のサッカーは素人が見ていてもワクワクするので、皆敗退してしまったのがとても残念だ。

アルゼンチンのメッシを見ながら思い出していたのは、我が家の元ドライバー。

メッシをインド人にしたような顔をしていたので、以後メッシと呼ぶ。

 

駐在が決まった時、一家に1台ドライバー付きの車が付くと聞き、はじめはなんという贅沢!と思った。

 

しかし、こちらに来てみてその必要性がわかった。

まず、公共交通機関が整備されていないので、どこに行くにも車が欠かせない。

そして道路はいつもどこかしら工事中で、車線お構いなし、逆走あり、粗い運転にクラクションの応酬、突如現れる牛、犬、人に陥没、障害物… これはとてもじゃないが命がいくつあっても足りない。時には他のインド人とやりあうこともあるので、ヒンズー語ができ、このあたりの事情に精通したインド人ドライバーが必要なのだ。

従って、多くの家庭に最低1台はドライバーがあてがわれており、そのドライバーによって日々の暮らしの快適度がかなり左右されることになる。

 

メッシは大変優秀なドライバーで、運転も上手く、遅刻や欠勤もゼロ、道は良く知っているし、すごく気が利く。

他の日本人の方々がドライバー問題に悩まされる中、私たち夫婦はメッシのお陰で本当に快適な移動ができていた。

 

旅行先では、美味しいお菓子があるといって買ってきてくれたこともあった。

家族の話や、災害のこと、昔の話など色々な話をした。

彼がいてくれれば、私たちのインド生活は安泰だと思っていた。

それなのに…

 

メッシはある日詐欺まがいのことをして、突然私たちのもとを去っていった。

会社をクビになったのだ。

最後に車のキーを返しに来た時、彼は謝るでも、申し訳なさそうな顔をするでもなく、いつもと同じように、Bye! Goodnight! と言って笑顔で去っていった。

残された私と主人の方が泣きそうな顔をしていた。

なんともやるせない思いだ…

 

私が思う常識はインドでは通用しない。 

褒めたりギフトをあげたりしても、それによって「期待に応えるようもっと頑張ろう!」という発想にはならず、逆に

「俺完全に信頼されちゃってんなー、これなら多少ごまかしてもバレないんじゃなね?」という発想になるらしい。

いい人だと思っていたら突然変わってしまった!と多くの先輩マダムが口々に言う。

仕事ができるインド人ほど気をつけた方がいい!という助言ももらった。

残念ながらドライバーとお友達にはなれないらしい。

そこはきっちり割り切ってドライに接していかなければいけないと学んだ。

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 


海外生活・情報ランキング

 

お洒落に悩むお年頃

 

アラフォー女性にとって悩みの一つが、自分に似合う服がわからないことではないだろうか。

私も30代に入る頃から20代まで来ていた服が似合わなくなったことを悟り、30代後半に入った頃にもまた、さらに今までのものが似合わなくなったと気づいた。

それがもう、インドだとなおさら迷走してしまう。

私いま、完全に迷子である。

伸びたショートカットにメガネ。20代ならOKだったTシャツ+ジーパンも貧乏くさく見えるばかり。

日本でよく着ていた黒い服やボーダーもインドでは浮く。

日本で気に入っていた服こそお蔵入りで、これは着れないよなーと思っていた服がなぜかこちらではしっくりくる。

例えば母がフリーマーケットで売れ残っていたのもらってきたというワンピース。

着れないよなーと内心思いつつ一応持ってきたら… 今一番活躍している。

もう何がなんだか自分でもよくわからない。

おしゃれってなんなんだ?!

 

 

インドに来たら、チチカカとか仲屋むげん堂のような恰好をするのかと思っていた。

ああいう格好はもともと嫌いじゃない。アラフォーでもインド在住なら許されるかと思ってある意味楽しみにしていたのだが…

 

あのような服はインドでは売っていない

 

 

まわりを見渡しても、若い男性はほぼジーパンにポロシャツかTシャツ。

年配の男性も多くがシャツにズボン。都会ではクルタ等、民族衣装をあまり見かけなくなってきている。

 

一方、女性はまだまだサリー(左)かパンジャビスーツ(右)が多い。

f:id:rubyhiver:20180709235820j:plain
f:id:rubyhiver:20180709233833j:plain

 

若い女性は、スキニーパンツにシャツやTシャツ、ワンピース姿の人もよく見かける。

ただ一般的に露出は少なく、腕や足を出している人もあまりいない。

 

だから、日本で想像していたエスニックなこんな格好の人はどこにもいないのだ。

f:id:rubyhiver:20180709235834j:plain
f:id:rubyhiver:20180709235830j:plain
f:id:rubyhiver:20180709235824j:plain

 

私が想像していたこのようなインドの服は一体どこに売っているんだろう??

そういえば観光地では見かける…

でもインド人ではなく観光客

 私はインド服を完全に勘違いしていたことにこちらに来てから気づいた。

 

始めはとっつきにくいと思った本当のインド服も、目が慣れてきてよく見ればとてもオシャレ。

ブロックプリントだったり、原色同士を組み合わせたり、刺繍や異なる素材がミックスしてあたったりして、見ていてとても楽しい。

なにより年配の女性でも柄物を上手に着こなしているので勉強になる。

 

f:id:rubyhiver:20180710030216j:plain

柄×柄・色×色はお手のもの!!

 

やっぱりもう仲屋むげん堂ファッションはあきらめて、インド流大人のオシャレを学んでいきたいと思う。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 


海外生活・情報ランキング

 

made in デリー 都会の蜂蜜

 

ある方から小さいペットボトルに入った蜂蜜をいただいた。

f:id:rubyhiver:20180706035603p:plain

 

なんとマンションのベランダに大きなハチの巣ができたので、煙で燻してハチを追い出し蜂蜜を取ったという。

 

しかも、

巣は残しておいたから、これでまたハチが蜜を運んできてくれる!

と彼女は満足気。

 

我々日本人には考えもしない方法で食料をゲット。

皆たくましく生きている。

 

受け取りながら、この大気汚染激しい街の花からハチが集めてきた蜜か…。

と思ったが、深く考えないようにして、美味しくいただいた。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 


海外生活・情報ランキング