インド滞在 1500days!! 

インドの魅力を現地リポート中

まるでドラマ!サラバナバワン オーナーの波乱万丈人生

 

南インド料理のレストランとして世界的にも有名なSaravana Bhavan サラバナバワン

私もデリー近郊にある南インド料理レストランの中ではナンバー1だと思っている。

 

そんなサラバナバワンの創業者 P.ラジャゴパル氏が先月亡くなった。

そして驚いたことに彼は殺人事件を起こし、服役中だったのだ。

 

彼はタミルナード州で貧しい農家の家に生まれ、まともな教育を受けることなく育った。

知識も経験もないまま、1981年当時インドでは珍しかった下層中流階級でも利用できるレストランを開く。

でき立てのおいしい料理が安価で食べられるとあり、このレストランは大繁盛。インド国内で順調に店舗を増やし、海外にも進出を始める。メディアもドーサ王として彼を持ち上げた。

 

そんな勢いに乗った頃、彼は占星術師によるアドバイスにより、ある従業員の娘を第3の妻として迎えようとする。

しかし彼女はすでに結婚していた。諦めないラジャゴパル氏は、数か月に渡って執拗に彼女やその家族に追い回し、別れるよう圧力をかけ続けた。それでも彼女が屈しなかったため、2001年、彼の指示により、その女性の夫が誘拐・殺害されるという事件が起こったのだ。

 ここだけ読むと、なんと狂った恐ろしいおっさんだ!と思う。

しかし、彼はとにかく従業員を大切にし、住宅や教育費、結婚資金の支援をしたり、最も低いランクの従業員にも健康保険のような給付を与えていた。そのため、従業員たちからは兄と呼ばれ、非常に慕われていたという。

彼の葬儀には数千人もの人が集まり、その多くが従業員であったという。

 

いやぁ、まるで映画のような人生だ…

あのサラバナバワンにこんな歴史があったとは知らなかった。

 

事件後もレストランの人気は衰えることなく、 現在は息子たちが後を継ぎ、24か国約130店舗というグローバル企業になった。

デリーにはコンノートプレイスに2店舗と、サケットのセレクトシティウォークのフードコートに支店がある。

 

とにかくメニューが多いので迷ったらドーサかミールスをお試しいただきたい。

f:id:rubyhiver:20190808021249j:plain

ミールスとは定食のようなもので、このように何種類ものカレーに、ごはんやパパドがどかんっと乗って渡される。

パパドの下はこんな感じ。

f:id:rubyhiver:20190808021253j:plain

 一つ一つ味が違って、無限ループで飽きることなく食べられる。これで320ルピー(約480円)という驚きの価格。

 

もちろんドーサも美味しいが、中でもドライフルーツ入りのドーサはあまりに美味しすぎて、私は最近ではこれしか食べていない。Ghee Dry Fruit Rava  270ルピー(約400円)

f:id:rubyhiver:20190808021310j:plain

 

食後はとても美味しいチャイで〆ていただきたい。

と、オーナーの人生を書いていたつもりが、完全にお店の宣伝になってしまった。

美味しいものには罪はなし!ということで。

 

Saravana Bhavan 

https://www.zomato.com/ncr/saravana-bhavan-janpath-new-delhi

 

ーーーーーーー

読者になっていただけると大変ありがたいですm(_ _)m

 

にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ
にほんブログ村

 


海外生活・情報ランキング