インド滞在 1500days!! 

インドの魅力を現地リポート中

インド国内旅行

ゴールデンテンプルの行き方&宮殿ホテル@バラナシ

バラナシと言えば、言わずと知れたヒンズーの聖地である。 ここでは宗教が人の一部というか、生活そのもの、人生の全て、こういう生き方もあるんだなということをまざまざと見せつけられる。 通りには至る所に祠があり、人々の生活に溶け込んでいる。 こ、こ…

街歩き&最新ミュージアム@バラナシ

前回の続き、ガンジス河の水量が多くてガート散策は断念… ということで街中を歩いてみよう。 こちらはベンガリートラという有名な安宿街。 吉祥寺のハモニカ横丁並みの狭い路地に、小さなお店がずらりと並んでいる。そこに人やら動物やらバイクやらゴミやら…

ガンジス河が溢れそう 雨季のバラナシ

一般的にバラナシ観光のベストシーズンは11月~3月の乾季と言われている。 私も過去に訪れたのはいずれも乾季だった。では雨季のバラナシはどうなっているんだろうと気になり、今月の頭に行ってみた。 暑さは覚悟していたものの、驚いたのはガンジス河の水の…

私の好きな場所 Jantar Mantar ジャンタルマンタル@デリー

こんにちは、ジャンタルマンタル大好き、ジャンタルマンタリストのルビーです。 ジャンタルマンタルとは、18世紀前半に北インドを治めていた天文マニアの王様サワール・ジャイ・スィン2世が造った天文観測所のこと。 観測施設としての歴史的価値はもちろん、…

デリーの隠れ名所 Agrasen ki baoli アグラセン キ バオリ

階段井戸というものを私はインドに来てから初めて知った。 文字通り、何段もの階段を下りて底に溜まっている水を汲みに行くタイプの井戸で、インド北部やパキスタンの乾燥した地域にみられる。 古くは紀元前からあり、昔は給水所としての役割の他、住民たち…

これぞ本場のバターチキン KAKE DA Hotel カケダホテル 

インドカレーで何が一番好き?と聞かれて100人中99人が選ぶであろうバターチキン。 そのバターチキンが最高に美味しいと言われるこちらのお店に行ってきた。 コンノートプレイスの老舗、カケダホテル。 赤と白のシマシマが目印。 外から窓越しに見えるたくさ…

ボートに乗って宮殿へ タージレイクパレス

今週のお題「わたしと乗り物」 ホワイトシティの愛称を持つウダイプル。そこに大理石で白く輝く宮殿ホテルがある。 その名もタージ・レイク・パレス www.tajhotels.com 映画「007 オクトパシー」ではボンド・ガールの住みかとして使われたこともあり、世界的…

デリーお買い物スポット Dilli Haat ディッリーハート 

多くのガイドブックで、デリーでお土産を買うならここ!として載っている Dilli Haat ディッリーハート デリー観光局が運営する、観光客が安心してお買い物できるマーケットだ。 とくにこんな方にお勧め ✔ 観光に来たけど最後にまとめてお土産を見たい ✔ 出…

インドの奇祭クンブメーラ 宿は?食事は?持ち物は?

すっかり間が空いてしまい恐縮です…。↓こちらの続き。 さて今回クンブメーラに行くにあたり、情報収集が課題だった。 公式HPを見てもいまいちよくわからないし、 会場はどうなっているのか、何を持っていったらいいのかも見当がつかない。 そこで私が事前…

続・クンブメーラ2019 に行ってみた!けど…②

前回の続き。 サドゥたちの出現を待ち続けるも一向にその時は訪れなかった。 近くにいたおばさまの集団に、あの…プージャはないのでしょうか? と尋ねてみたが、そんなものはないわよ!と笑われた。 そして沈んでいく夕日… 不完全燃焼でキャンプに戻る。 そ…

ヒンドゥーの奇祭クンブメーラ2019 に行ってみた!けど…①

世界最大級の宗教行事クンブメーラ Kumbh Melaをご存じだろうか。 「水がめの祭」という意味で、インド国内4か所の聖地を3年おきに巡回していき、参加者数は毎回数千万人を超すという超巨大祭だ。 古くは三蔵法師もその様子を記述に残しているし、ビートルズ…

料理だけじゃない!The Bangala バンガラ周辺街歩き

前回の続き。 とにかくThe Bangalaで美味しいインド料理が食べたいという一点だけでやってきたカーライックディーという町。 それ以外のことは特に調べていなかったので、ホテルが提案する半日観光ツアーを利用することにした。 まずは、The Bangalaの大女将…

チェティナード料理に舌鼓 @バンガラ The Bangala

お題「思い出の味」 インド人はもちろん、世界のグルメたちが注目するインド料理がある。 それが南インド・タミルナード州にあるチェティナード地方の料理。 私にとってのカレーの王子様 東京カリー番長 水野仁輔さんも「カレー界の新ヒーロー」として紹介し…

コーチン国際空港がリニューアル。アレを見逃すな!

ケララのコーチン国際空港が昨年12月にリニューアルしていた。 今までの狭くて素朴な雰囲気も良かったが、以前国際線ターミナルとして使っていた場所を改装し、広くキレイになってかなり近代化している。 ショップやフードコートも増え、待ち時間も楽しめる…

南インド コチのビエンナーレに行ってきました

2012年にスタートし、今回で4回目を迎えるコチ・ムジリス・ビエンナーレ kochimuzirisbiennale.org インドとはいえ朝晩はまだ冷え込むデリーを飛び出し、バカンス気分でコチに降り立つと、35度を超す灼熱の太陽が待ち受けていた。 コチ空港からビエンナーレ…

インドの中でもバラナシは突き抜けていると思う 前編

お題「もう一度行きたい場所」 8年ぶりに訪れたバラナシ。 普段インドで暮らしているとはいえ、やっぱりここは別格。 あまりの混沌具合に時空も歪んでしまったような不思議な感覚を覚える。 インドの全てが凝縮されている街、それがバラナシだ。 今回はデリ…

タージ・マハル観光とあわせて立ち寄りたい!マトゥラーのガートでバラナシ気分

タージ・マハルのあるアグラから北に50km、グルガオン・デリー方面に戻る途中に、気軽にバラナシ気分を味わえる場所がある。 Mathuraマトゥラーというこの街は、ヒンズー教7大聖地のひとつで、街中を流れるヤムナー川にはガートと呼ばれる沐浴場があり、朝に…

やっぱりタージ・マハルが好き

義理父夫婦がインドにやってきたので、挨拶代わりに4人でアグラを訪れた。 メインはもちろんタージ・マハル。 タージ・マハルはインドを代表する観光名所で、ムガル帝国の皇帝シャージャハーンが王妃ムムターズマハルを追悼するために建てた廟である。 白大…

ケララ・バックウォーターツアーでGod's Own Countryの真髄を見た! 後編

昨日に続き、ケララのバックウォーターツアーの様子をご紹介したい。 今回選んだspice coast cruiseの良い点は、他の船が入らないような狭い水路にも行ってくれること。 狭い水路の方が、よりジャングルクルーズ気分が味わえる。 途中天候が変わり、雨や落雷…

ケララ・バックウォーターツアーでGod's Own Countryの真髄を見た! 前編

今年8月、100年に1度の大雨により、深刻な被害を受けたケララ。 その後どうなったかずっと気になっていた。 現地の方に問い合わせると、かなり復興が進んでおり、観光の目玉であるバックウォーターツアーも例年通り営業しているという。 一度体験してみたか…

最高にフォトジェニックな空間 ジャンタルマンタル

ジャイプールに行ったらぜひお勧めしたい場所がある。 ジャンタルマンタル 天文観測所 こちらは、18世紀前半に北インドを治めていたマハラジャが、天文学が好きすぎてついには自分の居城のすぐ横に天文観測所を作らせたというもの。 大きいほど正確なデータ…

予想以上に凄い!ボリウッドミュージカルを見るならキングダム オブ ドリームス

今やインドを語る上で外せないものの一つに、ボリウッド映画がある。日本でも最近バーフバリがヒットしたように、確実にファンを増やしこれから益々盛り上がっていくことが予想される。 そんなボリウッド映画好きのあなた、そしてミュージカル好きのあたなは…

≪ギネス記録≫ アクシャルダム寺院 に行ってみた

2007年のギネスブックに世界一大きなヒンズー教寺院として掲載された寺院。 スワーミナーラーヤーン・アクシャルダム寺院 Swaminarayan Akshardham ここはアトラクションもあり、インドのディズニーランドという異名を持つ観光名所。入場料が無料ということ…

ラダック 行くならここに注意を!

昨日お伝えしたラダック、いくら手軽に行ける秘境と言えど、標高3500メールに位置するため、それなりの準備が必要だ。 ラダックについてはこちら rubyhiver.hateblo.jp まずは、高地順応について。 レー空港は軍事空港であり、午前中しか民間機の離発着が許…

デリーから1時間で行ける別惑星

驚いた。デリーからたった1時間少々飛行機に乗るだけで、別世界、いやむしろ別の惑星に行けるとは… ラダック地方のことである。 インド北端のヒマラヤ山脈の中腹、標高3500メールに位置する秘境ラダックは、チベット仏教の影響が色濃く残り、数ある僧院見学…

ガイドブックにも載っていない謎のテーマパーク「チョキダニ」に行ってみた

ジャイプール旅行に行くにあたり、インド人にお勧めの場所を聞いてみたら、何人かからこのチョキダニがという名があげられた。試しに来てみたら大正解!驚きと謎だらけのインド的エンターテインメントスポットをぜひ紹介したい。 まず、チョキダニとは1990年…